食べものはこころとカラダをいやしてくれる


by momoe_macro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

街中流自然菜園生活講座

27日の日曜日、グリーンランド主宰の街中流自然菜園生活講座に参加してきました。
今回は屋上緑化の会社グリーンスターの足立さんが講師となり
今までの施工例などをプロジェクターで紹介しながら説明してくださいました。

主に自社で販売されているセダムと言う多肉植物のお話と土のお話でした。
今回はパーマカルチャーの実習コースの生徒が数人来ていて
質問はもっぱらその人たちがしてました。

屋上緑化で問題になるのはやはり重量の問題です。
屋上の防水と構造的に重量の負荷に耐えれるかどうか…、
単に屋上でやろうとしても建物に負担がかかるのでちゃんと対策が必要とのこと。
そして、育てる種類を間違えなければ屋上緑化や壁面緑化でコンクリートの
蓄熱をかなり防げるそうです。
コンクリートでは日中に温度が上昇し、70度にも達するそうです。
しかし緑化することで半分近くに抑えることが可能だそうです。

東京、大阪、京都、神戸も屋上緑化の条例ができて段々施工件数も増えてきている
そうですが、やはり各個人も環境に興味を持ちマンションであっても
少しでも緑化に貢献できたらと思いました。
グリーンスターさんでは屋上緑化用に軽量な土を販売されているそうです。

もし興味のある方がいらっしゃったらコメントくだされば連絡先をお教えします。
特に宣伝ではないのでここには掲載しません。

今は夏でとても暑くて植えれる野菜が少ないのですが、また畑を整備して
少し何か植えようと思っています。
by momoe_macro | 2008-07-31 00:41 | イベント

経皮毒講演会

今日は中崎町で経皮毒の講演会をしました。
参加者は4人。
こじんまりとアットホームにお話できました~。

以前からやりたかった講演会、皮膚から吸収される化学物質の怖さについて
そしてその回避方法についてお話しました。
参加者からはマクロを使ったデットクス(拝毒)についての講義を!と
ご希望があり次回はすでにとってしまった化学物質を如何に身体の外に
排出するか?という話に発展します。

そして今日の参加者の感想を聞いたところ…

「経皮毒とはあまり認識したことがなく改めてきいてそうだったのか」…っと感じた。

「環境について、食について、化学物質の吸収について…と断片的には
知っていたが今日の話で頭の中で繋がりました…」

などなど感想がありました。
今後はまたどんどん展開して行きたいと思います。

これはまくわうり

c0161044_6335799.jpg


これはプチトマト
以前パン教室の先生に教わったもので、
グランマルニエとメイプルシロップで一晩漬けたもの。

これらは夏野菜で、今日は暑い中講演会に来てくださった方に
少しでも涼しくなってもらおうと思って準備しました。
みさなん心なしか涼しくなったと言ってくれましたよ。

これからも経皮毒講演はパワーアップさせて行こうと思います。

c0161044_6341592.jpg

by momoe_macro | 2008-07-24 06:39 | イベント

初めまして

こんばんは。
momoです。
ブログを始めることになりました。

現在は仕事持ちながら、マクロビオティックのインストラクターをしています。
マクロビオティックを始めたきっかけは小さい頃からなにかと不調が多く、あまり健康では
ありませんでした。そして大人になって仕事のストレスからか不調を感じることが多くなりました。
私はもうすでに救急車に2回も乗った経験があります。
一度は脳貧血、二度目は急性膵炎。どちらも原因はわからずじまい。
そんな中で段々とお医者さんが信じられなくなり、自分で治す方法を探し始めました。
そして出会ったのが、マクロビオティックでした。
最初は本などで勉強し始め、見よう見まねで始めたのですが、どんどん興味がでてきて
とうとう、2007年9月アメリカのマサチューセッツ州のベケットにあるクシインスティテュートへ
学びに行きました。そこで自分の身体や心の不調が何が原因だったのかがわかりました。
そして食事を変えることによってこんなにも満たされるのだと知った今、一人でも多くの人に
伝えようと思ったのです。
帰国後は働きながら教室の準備。
そして2008年4月からはパーマカルチャーの実習コースへ参加。
パーマカルチャーとは恒久的に持続可能な環境を作りだすためのデザイン体系のこと
なのですが、簡単に言うと人間と自然との共生をデザインするものです。
パーマとはパーマネント、カルチャーはアグリカルチャー(農業)、カルチャー(文化)の
造語です。

マクロビオティックを学んだことで自然の中に生きる私たちのあり方について
考えるようになりました。
そこで自分で農にかかわりたいと思って、田舎暮らしを求めてIターン先を探したことも
あります。しかし、多くの人が都市に住むなかで、地方と都市の間を取り持つ役割も
あるのではないかと、日々考えています。今は家庭菜園をしながら自然のありがたさや
偉大さに日々感動しながらその感動を伝えようと活動しています。
by momoe_macro | 2008-07-21 04:08 | プロフィール