食べものはこころとカラダをいやしてくれる


by momoe_macro
カレンダー

<   2009年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧

こんばんは、今日は「薬日本堂」さんのワンデーセミナーで
「中医学の立場から見たマクロビオティック」に参加しました。

もともと中国の「易」が起源で桜沢如一さんが独自の解釈をして
始まったマクロビオティックですが、今の中医学(漢方)の見解と
けっこう違っていて、よく生徒さんからも質問を受けますので
一度聞いてみたかったのです。

やはり立場が違うと相手の立場が見えないものですね。
マクロビオティックから入るとその考えが中心になるし
漢方から入るとまたその考えになっていますしね。

要するに、自分が何を採用するかってことですね。
どちらが間違っているか正しいかではなく自分にとって心地よい方を
すればいいのではないでしょうかね~。

私は暫く、漢方薬を飲んでいても改善がなくマクロビオティックに入ったので
マクロビオティックの考えが先になってしまいます。
でも特にこれしかダメと言う考えは持っていないのでその方が選択したら
よいと思います。

みなさんの五感を研ぎ澄まして感じれるようになったらいいなと思います。
[PR]
by momoe_macro | 2009-02-28 00:11 | 報告

こんにゃく作り2

先日行ったこんにゃく作りの写真をアップします。

こんにゃく芋です
c0161044_0354754.jpg


野草を使って緑色に
c0161044_0361453.jpg


糸こんにゃくも作りました
c0161044_0363965.jpg


ハコベ、など3種の野草のこんにゃく
c0161044_037768.jpg


かわいいこんにゃくの出来ああがり!
c0161044_0373670.jpg

[PR]
by momoe_macro | 2009-02-27 00:40 | 報告

こんにゃく作り

24日は、友人たちと宝塚の中山で「こんにゃく作り」に参加しました。
いつもお世話になっている「摘み菜を伝える会」のメンバーが主宰で行われました。

こんにゃくの芋の説明から、実際蒸したこんにゃくをミキサーにかけて
それに色をつけるために摘み菜を使ったり、自然な素材を使って色をつけました。

生の芋を使ったこんにゃくと、いつも食べているこんにゃくの感触はまったく違っていました。
普段食べているものは、もっとつるんとしていて、今日のこんにゃくはもっちりして
弾力があって美味しかったです。

いつも食べてるさしみこんにゃくはもっとバサバサした感じがするのですが
もっと滑らかで歯ごたえがありました。
友人たちは生芋を買って帰って挑戦するようでしたが
私は今回はご遠慮しました。
先日も味噌を大量に作ってすでに置くところに困ってますし、
こんにゃくを大量に作っても食べれないので…。

ああ~広い家が欲しい~!って感じでしょうか?
手作りはとっても楽しくてつい作りたくなります。だから家にどんどん色んなものが
増殖中です!
きっとまた大きな家に引っ越せると信じてます!
次はたくさん作っても食べてもらえる人ですね~。
[PR]
by momoe_macro | 2009-02-25 00:16 | 報告

つながり

こんばんわ、
先日より広島に行っていましたが、本日神戸に戻ってきました。

今回の旅は始め、広島の尾道の向かい側にある向島(むかいじま)の「しまなみアースガーデン」へ
c0161044_21412857.jpg

パーマカルチャーデザインコースを終了されたMさんがされています
とても天気がよく心身共にリフレッシュしました。

そして広島市内にある「マクロビオス」、
c0161044_21424487.jpg


三原の「風楽の里」へ
今回は味噌作りのワークショップをお手伝いに行きました。
c0161044_2144478.jpg

美味しそうなお食事でしょう!参加されたみなさん大満足でした。
c0161044_21444436.jpg


今回で今年3回目となった味噌作り。
それぞれ地方や人でやり方も味も違います。
[PR]
by momoe_macro | 2009-02-22 21:50 | 報告

広島へ

今、私は広島へ来ています。
18日は向島にある「しまなみアースガーデン」へ行きました。
パーマカルチャーで出会ったMさんがパーマカルチャーをベースに
作っている、ガーデンです。
今は旅先なので写真がアップできませんが、帰ったら報告したいと思います。

向島から今は広島市内へ…。

広島のまりえ先生がされている「マクロビオス」にお邪魔しています。
少しお手伝いさせていただきながら見学させていただいています。
21日には「風楽の里」で味噌作りのワークショップがあり、お手伝いさせて
いただく予定です。

今回は味噌作りは3回目、28日もするので合計4回の予定です。
味噌作りのエキスパートになれそう~!

では神戸に戻ったら写真を順次アップしますね~!

楽しんできま~す!
[PR]
by momoe_macro | 2009-02-19 15:49 | 報告

味噌作り

今年も味噌を仕込みました。
先日はいのちをつなぐ食育の会でも作りましたが、
昨日は自分の分を作りました。

さて、一人暮しにしてはちょっと多めの仕込みでした。
昨年は出来上がりが5Kgだったのが、今回は大豆5Kg、こうじ5Kgなので
出来上がりは17Kg以上となりました。

まず大豆を浸水するのにも何に入れてしようか…。
「そうだ!」実家にあるばんじゅうがあった!

c0161044_21515550.jpg


次は大豆を煮る!
c0161044_2152436.jpg


こうじをあわせる
c0161044_21532942.jpg


味噌玉を作って保管
c0161044_21541631.jpg

c0161044_2154567.jpg


味噌は昔は各家庭で手作りされていました。
手前味噌といって自分の家の味噌が一番!

大豆とこうじの割合も地方や家庭でも違いますし
米みそ、麦味噌、豆味噌など色々な味噌があります。
それはその土地の気候にあっています。

暖かい地方では麦がとれます、その麦を使って作った味噌は
少し陰性な味噌、米は中庸に近いですね。豆味噌はちょっと陽性。
ちゃんとその土地にあったものがあるのですね。

そして今は昔ながらの製法で作られている味噌は段々少なくなっています。
マクロビオティックでは2年醸造して3年目の味噌がよいといっています。
それは寒の月に仕込んで、2回の土用、2回の寒の月を過ごして次の春に
3年目を迎えた味噌ということです。

しかし、今は数ヶ月で促成醸造してしまいます。
そして多くの添加物でいっぱい!

一度みなさんの食べている味噌の裏側の表示を見てみてください。
味噌は、大豆、塩、こうじだけでできます。それ以外に何か入っているのは
不自然だということを感じてほしいと思います。
無理に熱を加えて醗酵を促してできたものでは、じっくり時間をかけて
こうじが働き熟成させるのとはまったく違うものができます。
しっかりと乳酸菌が生きている味噌を食べれば胃酸で溶けることなく
腸までしっかりと届いて働きます。

腸内環境の乱れが多くの病気を生み出しています。
まずは健全な発酵食品を食べてくださいね~。

日本は100種類以上の発酵食品があると言われています。
世界中探してもそのような国はありません。
この四季のある豊かな私たちの日本はとてもすばらしい
食文化を持っています。

その食文化を守り、伝えて行きたいと思います。
[PR]
by momoe_macro | 2009-02-17 22:09 | 報告

弓削牧場

昨日15日に六甲にある弓削牧場にてパーマカルチャーの
説明会が行われました。

朝から卒業生のための「デザインワーク」があり、
一日弓削牧場で過ごしました。

昨日はびっくりするくらいの暖かさ!
春のような日差しにデザインワークは外のテラスで行いました。
事務局としてみなさんにしっかりと防寒をしてきてくださいと
アナウンスしたのに~、ごめんなさい。
厚着して来てくださったみなさん。

参加者は全員で29名とスタッフ6名。
レストラン「ヤルゴイ」は満員御礼となりました。

みなさんとても興味を持って話を聞かれていてとても
よい雰囲気の中、説明会はすすめられました。

みなさん、何かしたいけど、畑もないし…、
環境問題に興味がある…など
いろんな方が来られて意見交換できてこの会だけでも
十分内容のあるものとなりました。

みなさん、来月6日、22日とまた説明会があります。
よろしければ一度足を運んでみてくださいね。

リンク先にパーマカルチャーのブログがあります。
[PR]
by momoe_macro | 2009-02-16 19:29 | permaculture

繁昌亭

みなさん、落語はご存知ですよね!

一昨年、某国営放送で放送された「ちりとてちん」でまた新たに、一躍ブームに
火がついたと言われています。
ちょうどアメリカに留学中にNYの日本人の友人がビデオに撮っていて
アメリカでDVDを見せてもらったのがマイブームの始まりでした。
以前から落語は好きで、「一度寄席に行って見たい」と言っていましたが
ながらく行けずじまいでした。

今日は友人と一緒に、大阪天満宮の繁昌亭へ行ってまいりました。
落語も一度廃れてしまって、常置小屋がなく、ようやく「ちりとてちん」の
ブームとともに新しく繁昌亭ができたとのことでした。

今日は張り切って着物を着て参りました。
天満宮で盆梅展をしていたからか、周りでも着物を着た人を多く見受けました。

今日のお題は「愛宕山」「夢」、これはどちらも私は知っていたので
最後の落ちまで分かっていてちょっと残念でしたが、生の落語を聴けて
とても楽しかったです。
そして今日の趣向は落語を楽しむための講座で中級編と言われるものでした。
お囃子の話や、太鼓の種類などいろいろな落語に纏わるお話も聞くことが出来ました。
落語を聴くのが初めての人は初級から段々と上級、実践編までいくと
もっと楽しめるかもしれませんね。

私は次は古典落語を聴いてみたいと思いました。

みなさんも一度、落語を楽しんで見てください。
c0161044_23165214.jpg


c0161044_23171543.jpg

[PR]
by momoe_macro | 2009-02-14 23:24 | おすすめ

パン教室

12日はパン教室でした。
今回のメニューは「ちょこいよかん食パン」「スティックパン」でした。

いつもriccoさんのパンはとってもリッチ!
たくさんの大きなチョコがゴロゴロ入っています。

c0161044_0102381.jpg


そして里芋のグラタンも美味しかった~!
c0161044_0105235.jpg


ご馳走様でした!
[PR]
by momoe_macro | 2009-02-14 00:14 | 報告

こうじやさん見学

今日は兼ねてより計画していた福崎にある「播州こうじや」さんへ
こうじ作りの見学に行ってきました。

昨年、千葉のブラウンズフィールズで味噌作りを体験してから
自分でも味噌を作りはじめました。
今年はパーマカルチャーのワークショップとして味噌作りをします。
その前にこうじがどのようにしてできるのかを見ていただきたいと企画しました。

私は去年はお米を蒸して麹菌をつけるところからしたのですが
今回は室がないために諦めました。

本日お邪魔した「播州こうじや」さんはできるだけ地元のお店を応援したいことから
探して昨年からお世話になっています。
今年は6人でお邪魔して作っている工程を見学させていただきました。
一度に360kgのお米を蒸して、機械でお米を砕きながら麹菌をつけて行きます。
その後室へ入れて寝かせ熟成させます。
なのでお米を浸水して蒸して、寝かせてこうじを起こすまでに3日かかるそうです。
そしてその出来たこうじを生のまま出荷するもの、乾燥こうじにするものに分けて
出荷するそうです。

私は今年は5kgのこうじを買って帰りました。
生のこうじは3日くらいで使い切った方がよいのでこの週末に頑張って
味噌を作ろうと思います。

こうじの良い香りで幸せな気持ちになりました。
どぶろくも作りたい、そしてそのお酒になる前の乳酸菌がいっぱいのときに
パンを焼きたいなぁって思っています。
まさか家にどぶろくを造っておいて置くほどのスペースがありません。
いつになったらできるでしょうかねぇ・・・

c0161044_043962.jpg

c0161044_06314.jpg

[PR]
by momoe_macro | 2009-02-13 23:41 | 報告